学習記録

TOTOの防汚スプレーに関する特許を読んで

今回読んだのはTOTOが出している防汚スプレーに関する特許です。

元々岡野の化学で「溶解度積」について勉強したときに検索してダウンロードしておいたものでした。

なぜTOTOの特許を選んだかというと、以前TOTOのトイレの特許を読んで興味深いと感じたためです。

溶解度積の復習

溶解度積を勉強してから1か月も経っていないのですが、一瞬どのようなものだったか思い出せず復習しました。

動画で見た方が早いと思い、こちらを参考にしました。

そうそう、溶解度積とは、

「水に溶けにくい塩の陽イオンと陰イオンのモル濃度の積のこと」

でしたね。

動画にあるように、AgCl(塩化銀)を例にすると、

1 まず水溶液中では下記の反応式のように、わずかながらAgClがイオンとなって溶け出し、平衡状態になる。

AgCl(s) ⇄ Ag⁺ + Cl⁻

2 このとき下記の式が成り立つ。

平衡定数 K=[Ag⁺][Cl⁻]/[AgCl(s)]

※[]はモル濃度を表す。反応式の左辺を分母に置き、右辺を分子に置く。

3 2の式の両辺に[AgCl(s)]をかける。

[Ag⁺][Cl⁻]=K[AgCl(s)]

この式より得られる値を溶解度積」といい、一般的に「Ksp」と表す。

読んだ特許明細書について

以前と同様、2件の特許について自分なりに理解できた内容を比較してみます。

1件目 2件目
公開番号 特開2008-50586 特許3859170
出願人 TOTO株式会社 TOTO株式会社
発明の名称 スプレー剤 コーティング組成物およびそれを用いた被膜の製造方法
用途 トイレを含む水回り品の汚れを防止したり洗浄したりする。 トイレを含む水回り品の汚れを防止したり洗浄したりする。
従来の主な課題 持続的に洗浄効果を発揮できない。 従来は、2種類の液を混合させて使用する等の方法だったため、一液型のものが求められていた。
本発明の内容
  • 水溶性高分子
  • 水に難溶性の水酸化物を形成する金属塩

を含むコーティング組成物を噴霧装置を備えた容器に充填しスプレー剤とする。

本発明のコーティング組成物は下記を含む。

  • ポリビニルアルコール
  • Cu²⁺+、Fe³⁺、Al³⁺、Cr³⁺、のうち少なくとも一種の金属イオンの、塩化物塩、硝酸塩、硫酸塩、スルホン酸塩、炭酸塩、蟻酸塩、および酢酸塩のうち少なくとも一種の金属塩
  • 溶媒としての
効果
  • 防汚性等各性能における効果が見られた。
  • 徐溶性等の評価を実施したところ、すべてOKであった。
  • 一液型でありながら、防汚性等各性能における効果が見られた。
  • 徐溶性等の評価を実施したところ、すべてg(良好)であった。

相違点

2件の特許は同じTOTOが出しているということもあり、内容がかなり似ています。

主な相違点は次の2点かと思います。

  1. 異なる点を課題としている。
  2. 発明品に含まれる3成分のうち、1つ目が異なる。(1件目は水溶性高分子、2件目はポリビニルアルコール)

ちなみに特許1件目の「水溶性高分子」については、次のように書かれています。

ポリビニルアルコール、ポリアクリルアミド、ヒドロキシエチルセルロースの群から選択される少なくとも1種の水溶性高分子

つまり特許2件目に書かれている「ポリビニルアルコール」も含まれていますね。出願時期が1件目は2008年、2件目は2006年で1件目の方が新しいので、使用する成分の範囲を広げたのだと思います。

共通点

そして主な共通点は下記の通りです。

  1. 用途が同じ。
  2. 発明品に含まれる3成分のうち、2つ目と3つ目が同じ。
  3. 効果が同じ。(評価方法も全く同じ。)

 

まとめ

2件の特許は異なる課題を同じ方法で解決している。


感想

本来なら「溶解度積」を勉強してすぐに読むべき特許を後回しにしていましたが、時間が経ってから読むと復習になるというメリットを感じました。

先日ようやく岡野の化学が終わり、今は橋元の物理を進めていますが、復習のためにも今後も化学関連の特許も読んでいこうと思います。

また、特許といえば斬新で画期的な方法が使われるというイメージがありましたが、類似する特許を数件まとめて読んでみると、異なる課題を同じ方法で解決するものも意外とあるのだな、と感じました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です