学習記録

波動(学習記録3/22~3/28)

波動の勉強を開始

先週から橋元の物理の「波動」の単元を勉強しています。(第11講 正弦波、第12講 弦と気柱の振動)

力学や熱力学と違って水や紐の波は目に見えるので想像しやすいのですが、当然ながらテキストでは静止図しか描かれてないので、Youtubeや他のサイトの動画がとても参考になりますね。

波の図を描くのも意外とコツが必要で、中々うまく描けなかったのですが、少しずつ慣れてきました。

そして、今まではフリーハンドで描いていたのですが、昨日ようやくAmazonで自由定規を注文しました。届いたら使用感等をブログで紹介できればと思います。

波動の関連用語を復習

波動のところでも色々な用語や定義が出てきました。特に私自身が復習したいものを中心にリストアップしました。

波長 λ(ラムダ) [m] 波1個(山1個+谷1個)分が1λ。
振動数 f 波1個(山1個+谷1個)分の動きを振動といい、1秒あたりに振動する回数を振動数という。
周期 T [S] 円では1回転するのにかかる時間を、波では1回振動するのにかかる時間を周期という。
振幅 A [m] 山の高さ(或いは谷の深さ)。
自由端 水の波のように、端部が固定されておらず自由に動ける状態。
固定端 端部が固定してある状態。
合成波 二つ以上の波が重なってできた波。合成波の高さは二つの波の高さの和となる。
定常波 どちらの方向にも進行せず、その場で振動する波。

もう少しで波動の勉強が終わり電磁気の単元に入ります。今週も引き続き頑張ります。

余談ですが…

連日新型コロナウイルスの報道が続いていますね。一刻も早く収束してほしいと願うばかりです。

先日もニュースを見ていたときのことです。画面に次のようなグラフが映されました。(実際にニュースで使われたものではなく、他サイトから類似のグラフを引用しています。)

グラフの青い山は、ウイルスに対して何も対策しなかった場合の感染者数で、短期間で急増しています。こうなると医療機関で治療しきれなくなるため、様々な対策を行い、感染者数の増加ピークを分散させたいというのが赤い山の方です。

実はこのグラフをパッと見たとき、別のグラフかと思ってしまいました。(岡野の化学を勉強された皆さんも、もしかして同じことを想像しませんでしたか…?)

分子数と分子の速さについてのグラフです。思わず(そんなわけないのですが)、「パクったのではないのか?」と思うほどそっくりです。

もし講座を受講していなかったら、化学とは無縁の生活をしていたので、こんなこと思いつかなかっただろうと思います。

参考サイト

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55991750T20C20A2CZ8000/


学習記録

学習時間

  • 学習時間 41:55
  • 作業時間 (ブログ) 6:45

視聴ビデオ

  • 橋元の物理 (54)~(64)
  • 3278 微分積分入門(6)
  • 3280 微分積分入門(7)【E】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です