半導体

【半導体の基礎】トランジスタってどんな部品?

先週から半導体の勉強を始めました。

主に『はじめての半導体プロセス』という書籍で勉強しているのですが、本当に全くの初心者が読もうとすると、分からない用語がたくさん出てきて理解するのに苦労します(汗)。

そうした用語をサイトで調べながら読み進めていますが、今日は自分自身の理解を深めるためにも、そのうちの「トランジスタ」という部品について説明してみたいと思います。

トランジスタの概要

  • 半導体における重要な部品の1つ。
  • 主な働きは、「信号を増幅させること」と「スイッチング(回路をオン・オフ)すること」。
  • P型半導体とN型半導体を継ぎ合わせたサンドイッチのような構造でできており、PNPとNPNの2種類がある。
  • トランジスタには3つの電極があり、エミッタ、コレクタ、ベースという名前がついている。

トランジスタの仕組みをイメージで理解する

では、トランジスタはなぜ信号を増幅させたり、回路をオン・オフしたりできるのでしょうか?

これらの働きは、トランジスタの構造によって実現しています。

トランジスタの3つの電極は、真ん中にベース、左右にエミッタとコレクタ、という風に配置されていますね。

トランジスタは、ベースとエミッタの間とエミッタとコレクタの間に電流を流すことで、回路全体に電流が流れる構造となっています。

電流は水に例えると分かりやすいとよく言いますが、トランジスタの構造にも同じことが言えます。

ベースとエミッタの間に流れる水を増やせば(電流を増やす)、エミッタとコレクタの間に流れる水も増え(電流が増える)、回路全体の信号が増幅することになります。

ベースとエミッタの間の水を止めると(電流を止める)、エミッタとコレクタの間にも水が流れなくなり(電流が止まる)、回路全体がオフとなります。

まとめ

簡単ですが、トランジスタについてまとめてみました。今後も半導体に関する記事をアップしていきたいと思います。

引き続き頑張ります。

参考サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です